プラスチック金型の設計・製作からプラスチック射出成形まで一貫生産に対応しているキタイ製作所。 

株式会社 キタイ製作所 株式会社キタイコーポレーション 【プラスチック金型の設計・製作、射出成形】
株式会社キタイ製作所
〒538-0041 大阪市鶴見区今津北4丁目10-1
TOP 会社案内 製品案内 製造工程 設備・技術紹介 お問い合わせ 採用情報
導入のメリット   施工方法   仕様   価格   参考施工歩掛

エコユニットベース

再生ポリプロレンを使用した緑化駐車場に最適な芝生保護材です。

エコユニットベース導入のメリット

1.駐車場の緑地化に最適です。
エコユニットベースを使用した緑化駐車場は緑化可能率94%で、他の駐車場工法に比べて、緑地増加に効果的です。
2.ヒートアイランド現象対策に貢献します。
ヒートアイランド現象は都心部の気温が郊外に比べて島状に高くなる現象です。原因として、夏季のアスファルト舗装の高温化があげられますが、これに対し緑化駐車場は蒸発散作用により表面温度が低く保たれ、ヒートアイランド現象緩和に貢献します。
3.芝生の育成を助けます。
芝生の育成に必要な土壌への空気供給を、支持脚にスリット部を設けることにより可能にしました。
4.強度・耐久性に優れ、施工が簡単です。
エコユニットベースの支持脚は特殊なリブ構造であり、車両荷重に対しても十分な強度を発揮します。また、エコユニットベース同士の連結はジョイント式であり、簡単に接続できます。
5.環境に優しいリサイクル製品です。
エコユニットベースは、再生ポリプロピレンを使用したリサイクル製品です。エコユニットベースは、有害な重金属(カドミウム、鉛、六価クロム、ヒ素、セレン、総水銀)が検出されなかったことを平成14年環境省令第29号、平成15年環境省告示第19号に準拠した試験により確認しています。

施工方法

1.クッション砂敷均し
砕石の上にサンドクッションを敷設し、不陸調整を行います。
2.エコユニットベース敷設
エコユニットベースを敷設します(どちらの方向からも嵌合できます。)
3.客土入れ
客土を投入し、敷き均します。トンボ等により、エコユニットベース支持脚頂部とほぼ同じ高さにします。機械施工は不可です。
4.張芝
芝生を張り、散水しながら振動ローラーでエコユニットベース支持脚頂部が露出するまで転圧を行います。
エコユニットベースのサイズ調整
鋸で簡単に切断でき、サイズ調整が可能です。
緑化維持のために
●施工時期は芝生の育成に適する春(気温15〜25℃)をおすすめします。
●耐ストレス性野芝をご使用頂くと緑化持続性が高まります。
●踏圧防止材(ゴムチップ)や軽量土を客土に配合することにより、客土の硬化を軽減できます。
●車両進入部は、芝生の擦り切れが発生しやすい場所です。アスファルト等で施工することをお勧めします。

仕様

原材料 再生ポリプロピレン
寸 法 525㎜×525㎜
(1.1㎡/4枚)
厚 み 70㎜
質 量 1.9s/枚
(7.6s/4枚、6.9s/㎡)
圧縮強度 ※1 401kN/枚
(1458kN/㎡)
耐荷重 10t車以下
(総荷重20t以下)
耐寒性 ※2 -10℃
耐熱性 ※2 100℃
用 途 緑化駐車場用芝生保護材
※1 代表値(保証値ではありません)
※2 プラスチックデータハンドブックより抜粋

価格

品  名 梱包単位
(枚)
メーカー希望
設計価格
(円/枚) (円/㎡)
エコユニットベース 4 1,370 4,970
4 1,500 5,440
※表示価格には、消費税・施工費は含まれておりません。

参考施工歩掛

100㎡あたり
工   種 名   称 単  位 数  量 備   考
砂敷き工 普通作業員 1.0  
 
(不陸調整用)
4.2  
エコユニットベース敷き並べ工 普通作業員 1.5  
客土工 造園工 3.0  
  客土 7.0 客土の種類によっては土壌改良が必要な場合があります。
芝張り工 100.0  
  目土(砂) 1.0  
  特殊作業員 1.5  
  機械転圧 1.0 振動ローラー使用
NCネットワークに登録しています。